技法紹介

■モザイクグラス<古代ガラス>

まず幾つものガラス棒を束ねて熱して溶かし引き伸ばして、断面が目的の模様になるようにして(金太郎飴の要領)切断する。
この切断した一片一片を型の中にデザインしながら並べ、低温で同化させることで器にする。


古代メソポタミアから発祥し、紀元前1世紀頃に使われた技法。


古代ガラス

紀元前16世紀頃にガラスアートが誕生してから、吹きガラスの技術が出現する紀元前1世紀頃までの間に使われた技法。